Go to Home!   Go to Home!    
 
Go to Home! 定期イベント・スペシャルイベント 季節のおすすめ・新刊・注目の本・絶版品切れ本
ちず・定休日・営業時間・れきし・しゃしん
季節の本
 ▼乗り物▼ | おはなし会 |ことばあそび |  | いのち | 兄弟姉妹 | 友達 |
| 工作 | 自然 |
楽しい乗り物の絵本がたくさん!



バルンくん
こもりまこと/作
福音館書店
税込価格:\600   タテ21cm
かわいいおめめのバルンくんがおでかけ。楽しそうに走る姿がとってもいい!作者のこだわりがたっぷり感じられるたくさんの車が登場します!ちなみに、バルンくんはオースチン・ヒーレー・スプライトという英国のスポーツカーです。なかなか走っていないけど、会ってみたいな!




ぶーぶーじどうしゃ
山本忠敬/作
福音館書店
税込価格:\600   20×20cm
 乗り物の絵本といえば山本忠敬さんと言うくらい、たくさんの絵本を出されています。山本さんの自動車はメーカーのロゴやナンバーまで精巧に描かれています。周りの背景がすっきりしているので、その乗り物が引き立って見えて子どもにもわかりやすいのが特徴です。
 この本は012才向けの一冊で身近な清掃車も登場します。一緒に子どもと犬が描かれていますが、子どもの乗っている幼児用の車もいろんな種類があり、車好きの子にはたまりません!




がたんごとんがたんごとん
安西水丸/訳
福音館書店
税込価格:\735  19×19cm
がたんごとんがたんごとん・・・と走っていると、「のせてくださ〜い!」という声が。それはみんなのお友達、ミルクびんさんやスプーンさんです。次々にのって終点まで・・・。「がたんごとんがたんごとん」という響きの繰り返しが心地よいのか、とっても子どもが喜びます!



でんしゃ
バイロン・バートン/作 こじままもる/訳
金の星社
税込価格:\798 16×19cm
鮮やかでシンプルなデザインのバイロンバートンの絵本。文章が少ないけれどちゃんとおはなしになっています。「はっしゃお〜らい!」という駅員さんの言葉がとっても印象的で、子どもも真似をしますよ!シリーズに「ふね」「とらっく」「ひこうき」があり、どれも素敵な色合いの絵本です。



しゅっぱつしんこう
山本忠敬/作
福音館書店
税込価格:\780  23P タテ22cm
みよちゃんとお母さんは田舎へ帰る時はちょっと長旅。特急列車、急行列車、普通列車と乗り換えます。そのたびに「しゅっぱつしんこう!」きっとみよちゃんは楽しいことでしょう。読んでいるみんなも一緒に大きな声で「しゅっぱつしんこう!」と言ってみよう!背景にもいろいろな電車が登場するよ!




かじだ、しゅつどう
山本忠敬/作
福音館書店
税込価格:\780  23P タテ22cm  
勇ましく出動する赤い消防自動車たち、山本さん描くかっこいい消防車ばかりです。「6階に子どもがいる!すぐ助けにいくぞ!」と消防士さんの活躍も描かれています。幼児にもわかりやすい1冊です。



ブルドーザとなかまたち
山本忠敬/作
福音館書店
税込価格:\780  23P タテ22cm
ブルドーザやショベルカーって子どもが大好きですよね!そんな工事現場で働く工事車両たちが沢山登場します。ブルドーザにもいろいろ種類があることもわかります。すっきりまとまっていて、幼児から親しみやすい絵本です。





ちいさなきしゃ
五味太郎 /作
岩崎書店
税込価格:\1,155 25P タテ25cm
すやすや寝ている子どもの上をちいさなきしゃが走ります。パジャマのトンネルをくぐったり、足の指の先を走ったり・・・。読んであげると足を上げて汽車の通った道を「なぞって!」とせがんでくることもあります!最後は髪の毛の森を抜けて・・・!静かで・・・そして楽しい絵本ですよ!




ずかん・じどうしゃ
山本忠敬/さく
福音館書店
税込価格:\780  23P タテ22cm
「図鑑」といっても、車の種類や名前が小さい子用にわかりやすく載っているいる絵本です。車好きの子は見ていてあきません。ハズにもいろいろ種類があってそれぞれの特徴を見てみると楽しいです!近所を走っているなじみのある車ばかりです!




ちいさいじどうしゃ
ロイス・レンスキー/作 わたなべしげお/訳
福音館書店
税込価格:\1,050  47P  タテ18cm
以前は赤と黒の2色刷りでしたが、カラーになり復刊されました。主人公のスモールさんが小さい自動車に載って出かけていくお話。幼児にもわかりやすい文章なので、ページ数は多いですが、小さい子から楽しめます。スモールさんが車の手入れや修理をしたり、愛情を込めて自動車と接している姿が描かれています。スモールさんのシリーズの一冊です。




でんしゃでいこう でんしゃでかえろう
間瀬なおかた/作・絵
ひさかたチャイルド
税込価格:\1,050  24P 25×25cm
「やまのえき」を出発してデデンドドンゴ-とトンネルを抜けながら電車は行きます。山の村.雪の野原.山.鉄橋.海.菜の花畑 そして「うみのえき」に到着したらまた電車に乗って「やまのえき」まで帰ってみましょう。そう.この絵本はエンドレス。行って帰って、、、、、を繰り返しながら読める電車好きにはたまらない一冊です。くり抜いてあるトンネルの穴も素敵ですよ。




エンソくんきしゃにのる
スズキコージ/作
福音館書店
税込価格:\840  30P 20×27cm
エンソくんは、はじめてひとりで田舎のおじいちゃんの家まで行きます。緊張しているので、切符を買うとき間違えたりしながら・・・。やっと、汽車で出発!とことが、途中の駅から乗ってきたのは、なんとなんと、たくさんの羊たち!すごい展開!!スズキコージさんのとってもとっても楽しいお話と、個性的な絵の中に入って、あなたもコージワールドを旅しませんか?




しょうぼうじどうしゃじぷた
渡辺茂男/さく 山本忠敬/え
福音館書店
税込価格:\780  27P 19×27cm
消防署には、立派なはしご車とポンプ車と救急車に混じって、ジープを改良したちいさな消防車じぷたが隅っこに置かれています。立派な3台の自慢話を聞きながら、あんな風に活躍したいと思っているじぷた。そんな、ある日、山小屋が火事になり、じぷたの出動です!さて、じぷたはちゃんと火を消せるのでしょうか?じぷたの活躍が小さな子どもたちに勇気と夢と希望を与えてくれる名作です。





いたずらきかんしゃちゅうちゅう
バージニア・リー・バートン/作 むらおかはなこ/訳
福音館書店
税込価格:\1,155  タテ32cm
いつも重たい荷車を客車を運んでい機関車ちゅうちゅうが、一人で思い切り走ってみたくて、暴走しています。ちゅうちゅうをこよなく愛する機関士たちが、それを追いかけていくのですが・・・。白黒の絵でも、ダイナミックで、スピード感あふれる絵本です。息子に何回も読まされた事でしょう。読み終わった後のお決まりは、扉の絵地図の路線と指機関車がちゅうちゅう、しゅっしゅっ!!と走るのです。




きかんしゃやえもん
阿川弘之/文 岡部冬彦/絵
岩波書店
税込価格:\672  タテ21cm
老いぼれ機関車が恐って火の粉を出し、田んぼを火事にしてしまいます。協議の結果、やえもんは壊されてしまう事に・・・。「ひゃあ!」「しゃっ しゃっ しゃっ しゃくだ しゃくだ しゃくだ」「ら ら らん ぱあん」など擬音語が素晴らしい。実際に機関車の乗った時、その音が「やえもんの声」に聞こえてきました。やえもんのモデルは、東京神田の交通博物館にあるので、会いにいってみて下さい。





スペシャルイベント定期イベント貸し出しコーナー
季節の絵本ジャンル別年齢別新刊注目の本絶版品切れ本お買得グッズグッズ2通信販売 |
地図営業時間・定休日れきししゃしんこんなお店MailQ&AリンクにっきBBSある日の本棚
Home


(C)2006 Tomodachi All right reserved.